2010年 08月 05日

小樽歩きと写真展と

8月に入りましたね ってもう5日ですね
8月に入ったとたん、毎日少人数でのんびりムードです。
そのおかげ?で、旅人さんたちと一緒に、なまらやでのライブ、うちあげまで楽しんで来れたりも!
(ベル氏よ子どもたちよありがとうー)

そしてね、昨日は半日、とまや3泊して最終日だったぬーさんと
小樽のまちをたくさん歩いて、行きたかったところあちこちに行ってきたのですよ~

c0125899_1128149.jpgまずは、坂を降りてすぐの
小樽総合博物館に。科学の祭典?もやっていて賑やかでした。
観たかったのは、特別展「アイヌ―美を求める心」。
刺繍や木彫りのいろいろの美しさよ!
数年前の展示とまた違って、興味深く。


c0125899_11334311.jpg庭で、かわいいレールバスにも乗ったり(動かないですよ)
列車の中を通り抜けたり。
ちょうど発車しようとしていた
アイアンホース号にも乗りました。
何度乗ってもうきうきします。


c0125899_11355724.jpg
北運河沿いを歩いて、賑やかな運河方面へ。
鴨の親子が泳いでいたり。
海風がさわやかで。
あの、絵葉書のとこの運河だけじゃなくて、こっちを歩いてほしいなと思うんです、北運河。


c0125899_11371831.jpg途中ちょっと小路に入ったり。
飴屋さんの屋台。
いちごあめ、甘酒あめ、きなこあめ・・
かわいい試食の瓶もならんでいます。
試食させてもらいつつ、ぬーさんはきなこ飴、私はハーブ飴を購入。いろんな飴をごろごろおまけしてくださいました、ありがとうございました

そして、運河プラザで開催中の【森山大道写真展 北海道-第2章/展開】に。
こちらは今の小樽。
とまやへの坂の下のほうから小路を覗いた風景も。

c0125899_114449.jpg
そして観光客でにぎやかな運河を歩いて向かったのは小樽文学館。
こちらでも、森山大道写真展。1978年の、北海道。そして2010年の北海道。
これ、観たかったんです。
30年くらい前の小樽。
小樽暦10年くらいの私の知らない小樽・・というよりも、
私が小樽を大好きになった大きなきっかけだった今はないあの宿のあの大好きな方々が
旅の途中で小樽を選んだ、その時代の写真なんだなー、と。

小樽の写真ばかりかと思ったら、北海道あちこちで。
どれが小樽か、もわからない写真もあるそうで。
1枚1枚興味深くみつつ、私はある1枚の世界にはいりこんで
そのなかで楽しそうなその方々に会えた気がして、とても愉しいきもちに。
ぬーさんも、その時代の展示物のなかになつかしい世界をみつけて嬉しそうでしたよ

別で観にいったベル氏も、この写真展、よかったみたいです。言葉少なくだけど。



c0125899_11522695.jpg
文学館のすてきなカフェで
珈琲をいただきながら、文学館の玉川さんに、この写真展のいろいろをすこし聞いて
ああーー、そうなのか と染みたり。
この写真展、8月29日までだそうです。
ぜひ。


c0125899_115625.jpg
手宮線をあるいたり、
好きな建物が壊されているまさにその現場にびっくり、嘆いたり
入ったことのなかった怪しげなリサイクル屋がおもしろかったりしながら
南小樽のキッチンぐるぐるでの美味しいランチにたどり着きました。
私はその後バス帰って業務に?戻ったけど
ぬーさんはまた別コース歩き回り、フリーランスの写真展も見て歩いて帰って来られましたよ


c0125899_11595838.jpg「小樽は歩くのが楽しいの!」とみんなに言いながら、
子育てやらパートやらで
私にとってはずいぶん久々の小樽歩きまくりでした
最後のこの坂でやっぱり汗だくでしたが
とてもきもちいい汗で。

帰ってきたこの家は、さっき写真展で観てきた写真の70年代の景色と全然違和感がなくて
また愉しいきもちになったのでした。
そしたら「はじめての旅」だという高2の女の子おふたりも到着して
坂にやられながらもすごい笑顔で。


いい1日を過ごせて感謝でした
ぬーさんありがとうー!
また、歩こうー。

そうだ、毎年恒例、蓮にあいにいかなきゃとも思ってるんです。

近々、だれかまた道連れになってください!
[PR]

by yamakichitomaya | 2010-08-05 12:14 | 日々のこと | Trackback
トラックバックURL : http://tomayako.exblog.jp/tb/14898141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 激坂達成者、新たに2人も!それ...      小樽でゆっくりと >>