旅のはじまりとおわりの場所

じゃじゃん、本日3つめの記事も!

小樽ってね、私もそうだったのだけれど、
新潟から や 舞鶴から のフェリーの発着場所であることから
北海道の旅のはじまりの場所、終わりの場所である方々もたくさんです。
(敦賀便が苫小牧港になったり、飛行機が安かったりするから昔ほどではないけれど)

とまやにも、上陸の夜!を過ごしに来てくれる方々も。
北海道初上陸したて!だったり、はじめての旅!だったりする方々もたくさんで、
そんな夜、一緒に乾杯できることは私たちもしあわせで。
そして、1週間とか、1ヶ月とか。それぞれの旅の終わりにまた、とまやに帰ってきてくださる方々も。
「居心地がよかったんで最後にのんびりしにきました」
「旅の最後はまたここに泊まりにきたかった!」という言葉もいただいたりして
本当にありがたく、嬉しく。ありがとうーー

もう、ね、
ああ、旅って、ほんの数日でこんなに人をたくましく変えるんだなー!と。
ものすごく日焼けしてたり、荷物のパッキングがすごく旅慣れた感じになっていたり
表情も、上陸したてとはまた違う輝きだったり。
人の、そんな瞬間と時間を共にできることに感謝です!

c0125899_1259875.jpg

いつもではないけれど、
タイミングの合うときは
新潟便フェリーの見送りも、
タイミングの合う旅人さんたちと一緒に。
ベル氏1人で見送りに行くときも。
[PR]
トラックバックURL : http://tomayako.exblog.jp/tb/14981702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yamakichitomaya | 2010-08-20 13:02 | 日々のこと | Trackback

小樽のまちが見渡せる、 古い家、旅人の家、<旅人宿・ゲストハウス・安宿>です。一人旅の人やライダーさん、自転車の方、いろいろな方が来られます。 小樽のこと、日々のこと、お知らせなどのいろいろをここで。


by yamakichitomaya
プロフィールを見る
画像一覧