今年も 雪あかりの路 塩谷 伊藤整ゆかりの地へ

雪あかりの路 イベント 真っ只中です。
今日から札幌雪まつりもはじまって。他にも道内あちこちで冬のイベントがあって。東には流氷もきて。
週末はお天気も全く荒れることなくおだやかで青空も広がって。
ああ、すてきだなあ、北海道の冬!そんな気持ちになっています
とまやでも たくさんの 出会いや 再会に 感謝

去年はじめて行ってみた 塩谷会場、伊藤整ゆかりの地 ゴロダの丘。
本当に感激、感動して 去年もブログ記事など書いていたのですが
それなどを観てくださり、ぜひ行ってみたい という方々からのご予約、複数いただきました
東京からそのために1泊で!の方や 滋賀から1泊!の方や。
塩谷会場は毎年2日間だけの開催で それがおとといと昨日、4,5日でした。
両日とも行ったのです!計8名の旅人さんたちと この地へー

c0125899_13143172.jpg


海まで見渡せる 丘です。 伊藤整 ゆかりの地

c0125899_1319297.jpg


c0125899_13195060.jpg


c0125899_1320650.jpg


感動するのは その半数以上が スノウキャンドルではなく アイスキャンドル。氷です。
その数500~600もあるということ。
スタッフの方々は 本当に たくさんのお父様方です。
1月中から 手分けして次々に作ってためていって トラックで何度も集荷されるそう。
「おれ、130個もつくったんだ」というお父さんも!
キャンドルも、皆で手分けして手づくりされるのだそうです。公式ろうそくより大きいキャンドル。
(あまりにも素晴らしくて感動して、2日目はいろいろお話をきかせていただいたのです 感謝)

今年も、甘酒を無料でふるまってもくださっていて。美味しかったです・・・!

c0125899_1323156.jpg


点灯時間の あおい時間から 紺になり そして闇になり・・・・
そのどの時間もうつくしく。

c0125899_1326372.jpg


月と、木々と、雪あかり。

c0125899_13264538.jpg


c0125899_13265771.jpg


写真、こちらのアルバムにもたくさん。ぜひ、もしよかったら

c0125899_13281140.jpg


c0125899_13282960.jpg


c0125899_13284862.jpg


旅人さんたちも、息子も娘も 喜んでこの世界を一緒に満喫。感謝です。

c0125899_13293829.jpg


これだけ手間のかかった素晴らしい会場がたった2日間の開催。
終わったらどうなるんですか?とお聞きしたら
「明日9時半からこわすんだよ、あぶないからね」ということ・・・・ なんともったいない!
もしもその時間に来たら、いただけるんですか?と聞いたら、いいよいいよと暖かいおことば!


おことばに甘え、今朝、9時半に会場に行ってみたら
すでに作業ははじまっていて。
「きれいなのを選んでいくといいよ」 「これ、いいやつだ」 「これは俺が作ったんだよ」
などなど とても親切に声をかけていただいて またまた胸がいっぱいに。

c0125899_1337675.jpg


海も見渡せて よく観ると まわりにはエゾリスのあしあとも。

雪あかりの路 という名称の由来は 塩谷で育った伊藤整の 詩集「雪あかりの路」から。
「ここが 発祥の地なんだよ」
スタッフの方々がこの会場での開催を 大切に 丁寧に取り組まれていらっしゃること 誇りにされていること
たくさん 伝わってきました
見に来られてる方々も ほどんどが地元の方々で、そういう感じもすてきでした

「また来年も来たらいいよ」 とも。 もちろんですーーーー   ありがとうございます

いただいたアイスキャンドルは とまやの庭で 大切に灯させていただこうと思います




運河会場や手宮線会場は ものすごい人で賑わっているみたいです。
他にも、朝里川温泉会場や銭函会場などあちこちでも開催されていて
いろんなお店の前だったり 住宅街の 各おうちのお庭だったり(とまやの庭でもーー)
小樽じゅうが スノウキャンドル アイスキャンドルでいっぱいになるこのイベント
今年は12日までです まだ続きますよ
[PR]
トラックバックURL : http://tomayako.exblog.jp/tb/26382580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yamakichitomaya | 2017-02-06 13:49 | 日々のこと | Trackback

小樽のまちが見渡せる、 古い家、旅人の家、<旅人宿・ゲストハウス・安宿>です。一人旅の人やライダーさん、自転車の方、いろいろな方が来られます。 小樽のこと、日々のこと、お知らせなどのいろいろをここで。


by yamakichitomaya
プロフィールを見る
画像一覧