2017年 02月 14日

雪あかりの日々

小樽の雪あかりの路 札幌雪まつり もおわりました
期間中は とまやにもたくさんの旅人さんが
1泊だったり 2泊だったり 3泊だったり 4泊だったり 6泊だったりと滞在されて行かれました
こんな坂の上の古い家まで みなさまほんとにありがとう
いい時間をたくさんいただいて 感謝です

そこでいただいてきたアイスキャンドルを
毎日毎日嬉しく灯しましたよ

c0125899_11311449.jpg

夕暮れのあおい時間も 真っ暗になってからも
本当にきれいでみとれました
これは、下から見上げたところ
c0125899_11321931.jpg

2階の窓から。反対側の山でひかるのは天狗山会場

c0125899_11332089.jpg

薪ストーブの横でぬくぬくと座ってながめたり
c0125899_11344458.jpg

急な坂にびっくりされて へとへとになって到着される
初とまやの旅人さんも多く 申し訳なく思いながら
でも到着されて きれいですね!!と笑顔をみせていただき嬉しかったり

c0125899_11372015.jpg

道内からも本州からも旅人さんはいらっしゃり
韓国の方々も多かったなあ
中国や台湾からの留学生さんたちも複数
アメリカからだったり カナダからだったり
みなさん 育った地域によっては
こんなに雪を見るのは初めてだったり
故郷と少し似ていたり
ロシアからの方は 今の小樽はロシアではもう春のはじめよ と言われていたりー
いろんなこと 新鮮な日々でした
c0125899_12185162.jpg
↑ご近所さんが ワックスボウルを下さったり(右)
娘が 雪あかり 幸会場でワックスボウルを作ってきたり

c0125899_12201501.jpg

連泊さんたちやこどもたちと一緒に雪であれこれつくったりー

私は おうちを作ってみたかったので
作れて嬉しかったなあ 来年は大きな雪の家をつくってみたいな
c0125899_12215791.jpg

分厚かったアイスキャンドルは日々
薄い薄い薄氷になっていったりして
でもそれも とてもきれいです。イベントは終わっても
灯してみたりしていますよ

c0125899_18212123.jpg

結局私たちは 運河会場や手宮線会場など行けなかったけど
旅人さんたちは メイン会場のほかにも
朝里川温泉会場や 富岡協会会場や 札幌ゆきまつりや・・
あちこち 楽しまれていらっしゃいましたよーーーー

嬉しい出会いや その出会いがまた新たな出会いを呼んで広がっていたり と嬉しいこともいろいろあった日々です

まだまだ続く冬
あたたかく 楽しみましょうーーーー
やってくる春も たのしみ たのしみ





[PR]

by yamakichitomaya | 2017-02-14 11:27 | 日々のこと | Trackback
トラックバックURL : http://tomayako.exblog.jp/tb/26424373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 青空、坂道、お花見日程も      今年も 雪あかりの路 塩谷 伊... >>