78歳のチャリダーさん!

激坂を不着陸で!という記事ではありません
でも、本当にすごいと思うので
紹介させていただきたくーーー

実はこちらのチャリダーさんのことは
2年前にも紹介させていただいているんです
坂で何度足をついても そこから降りずにまたこいでこの22%坂を登って来られたんです
この時ー

2年前は76歳、そして78歳!!!の現在も現役チャリダーさんで また こんな坂の上のとまやまで
帰ってきてくださったんですよーー
(去年は腰の手術をされたので乗っていなかったそう)

札幌から小樽のとまやまで 普通のルートではありませんー
朝里川温泉の方から奥沢などをぬけ
地獄坂を登って 天狗山ロープウェイ乗り場くらいまで行ったあと 北照高校の方をぬけて塩谷まで行き!そして長橋をまわってとまやまで・・
地元の人しかわからない説明をしてしまいましたが 登り坂、また登り坂の連続ルートですー
わざわざ、車でも大変かも
びっくり!!

私はちょうど 買い物に出かけようとしたら
この坂のてっぺんにチャリダーさんが倒れているのを発見!!!
ああ!Hさんが到着されて倒れられているのか!!
と急いで車を停めてかけよったら
倒れていらっしゃるのではなく
地面にデジカメを置いてセルフタイマーセットをされているところでした・・!よかった

もう本当にお元気で
到着されて 缶ビール4本!楽しまれ
皆でおしゃべりも楽しくーーーーー

自転車をはじめられたのは 退職されて
中国に留学されたあと、63歳くらいから とのこと!
「いやあ、去年腰の手術をしたからね、不安だったけど、大丈夫だったよ!」と。
大丈夫どころじゃないです、凄過ぎです
翌日も祝津経由で颯爽と。

78歳!!すごいなあ

本当に素晴らしいなと思います

c0125899_11135498.jpg



そして またすてきなおまけもあったのは
その前日も、おなじ78歳の女性の方が関東から
娘さんととまやにお泊まりだったのです
小学校4年まで小樽にいらっしゃったとのことで
ルーツを巡る旅をされていらっしゃったのですが

こちらのチャリダーさんも小樽育ち!
場所を聞いたら近く!
その前日のおかあさまと娘さんは4泊毎日いろんな小樽の宿に泊まられてるということだったので
同い年の方いらっしゃいますよーと連絡させてもらったら 翌朝 おしゃべりに来てくださり
おなじ小学校だったそうで(クラスも多く知り合いではなかったけれども)昔話も楽しまれて
嬉しい偶然でしたー

夏っぽい日々になり
自転車やバイクの旅人さんも。
年齢層もいろいろです
この夏も みなさま ぜひ すてきな旅を楽しんでくださいね


[PR]
トラックバックURL : http://tomayako.exblog.jp/tb/26795915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yamakichitomaya | 2017-07-07 10:46 | おいでよチャリダー! | Trackback

小樽のまちが見渡せる、 古い家、旅人の家、<旅人宿・ゲストハウス・安宿>です。一人旅の人やライダーさん、自転車の方、いろいろな方が来られます。 小樽のこと、日々のこと、お知らせなどのいろいろをここで。


by yamakichitomaya
プロフィールを見る
画像一覧