ふるさとをおもう

小樽文学館の次の企画展は
「ふるさとの話をしよう」をタイトルに、いろいろあるのだそうです。
で、そのための簡単なアンケートを、今、とまやにお泊まりの旅人さんたちにも
書いてもらってるのです
故郷のことでちょっとじまんできること や 少し残念なところ
思いつく郷土料理 故郷の地名がでてくる歌
いま目にうかぶ故郷の風景  などなど

目に浮かぶ故郷の風景かあ・・

「岩谷の観音」と呼んでいた山・・・
原爆ドームそばの、青少年センター横の川土手・・・
瀬戸内海・・・・

瀬戸内海って、広島に居る頃は、
「島だらけで水平線が切れ切れにしか見えんけえつまらんなー
もっと、見渡す限り水平線ってのが海じゃろー」と思っていたけれど
今は時々、島だらけの瀬戸内海の景色が無性に見たくなります。
故郷におもいをはせていると
昨夜のお客さんの中には広島からのご家族もいらっしゃったり(しかも実家の近所じゃった)して
すっかり広島弁がもどってきたり
気づくと今日は8月6日で 黙祷もしたり
ますます今日のわたしのこころは 故郷、広島なのでありました

みなさんの、目に浮かぶ故郷の風景は?


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小樽文学館、この夏は、神田山陽氏が来られてのイベントがあったり
元たまのドラム、石川浩司さんとHARD TO FINDのライブ(見たい!!!)があったり。
また詳しく聞いたら紹介しますね
文学館ブログもひそかに楽しみ。→ 
主に書いてる文芸員のotoちゃんはあのotomoのotoちゃんでもあり
うちの家族の髪をみんな切ってくれてるotoちゃんでもあるのでした
[PR]
トラックバックURL : http://tomayako.exblog.jp/tb/9383868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yamakichitomaya | 2008-08-06 11:52 | 日々のこと | Trackback

小樽のまちが見渡せる、 古い家、旅人の家、<旅人宿・ゲストハウス・安宿>です。一人旅の人やライダーさん、自転車の方、いろいろな方が来られます。 小樽のこと、日々のこと、お知らせなどのいろいろをここで。


by yamakichitomaya
プロフィールを見る
画像一覧