小樽の宿・とまやあれこれ

tomayako.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 04日

あのときの、月と花火  

先日も書きました、先週、29日の小樽 潮祭りの花火大会
とまやの庭から 窓から 縁側から 感激したあのときの花火のビデオ画像、
たかp氏よりいただきましたので(感謝です!!)
ぜひここでまた皆さんと一緒に。。。と思って。
さあ、見れるかなぁ、どきどき。






19日(日)の夜には、とまやから車で5~10分の 高島漁港で花火大会があります。
打ち上げられる花火に、それぞれ 追悼花火 などの意味がこめられていて
花火も間近で 毎年楽しみにしている花火大会です。
当日、宿泊される皆さんと一緒に花火ツアー行ければいいなあ・・!

[PR]

# by yamakichitomaya | 2007-08-04 22:38 | 日々のこと | Trackback
2007年 08月 03日

8月のトマヤ茶屋

c0125899_20552877.jpg

これすてきでしょう?
akkoちゃんがアレンジして持ってきてくれたお花たち。




 看板が OPEN になってるときだけ  という
 非常に行きにくい トマヤ茶屋。
 今のところこれからもそうなのですが
 8月は
     土曜日はかならず!
 やってますよー。11時くらいから、17時くらいかな。
 これまたあいまいですが。でもやってます。

 プチトマヤ茶屋なので 5月のとき とはかなり違いますが。

 あしたは のみもの以外は
 tomoeパンの  
       パンドミ
       ベーグル
             をご用意してます
  とてもおいしいですよ。
 イートインのみ、です。のみものとどちらかで500円。

            お待ちしてます


c0125899_210344.jpg  


  庭のすべりだい、リニューアル。てっぺんの、柵。

  「トムソーヤみたいなすべりだい」 とは
                  命名、otoちゃん
                        
  
[PR]

# by yamakichitomaya | 2007-08-03 21:05 | トマヤ茶屋 | Trackback
2007年 08月 03日

ライブインフォメーション

c0125899_1355543.jpgわれらがぐるぐるだべちゃんより
ライブインフォメーションです

待ってまーす


    8/4(土) GU GU    19:00  ¥1500

    8/28(火) 満月ライブ  19:00  ¥1000

    9/8(土) 池田マッコイ  19:30  ¥2000 
           (from 九州)

    9/17(月・祝)ブルックリン石井&  19:00  ¥1000
                 ハドソン河口

    9/27(木) 満月ライブ   19:00  ¥1000

    10/19(金) いとうたかお  19:30  ¥2500

    10/26(金) 満月ライブ   19:00  ¥1000

    11/3(土・祝)キッコリーズ  19:30  ¥2000

  *0PENはすべて、STARTの30分前です
  * すべて ワンドリンク付 です

  あとね、まだ公式発表ではないですが、10月前半には
  知久寿焼さんライブinぐるぐる も決まるみたいですよ~!!

  ついでに告知すると、10月6日はとまや2周年  10月7日は、
  小樽中で行われるライブイベント 音座なまらいぶ 
  が開催されます
  音座なまらいぶの方は只今参加受付中だそうです(8月15日締め切り)
  こちらでは とまや ベルは ブルックリン石井&ハドソン河口  
  そして ヘウケトンナイブラザーズ の2ユニットで出演予定です
  わたし(さり)も今年はバンドで・・・。
  毎年人気のこのイベント連休!飛行機はやめに予約される方、ぜひ!
  宿泊予約もおはやめに~!!
  

c0125899_1418373.jpgキッチンぐるぐるは
富山出身の旅人だべちゃんの
おいしいスパゲッティのおみせ。
小樽のみんなにも
旅人のみんなにも大人気の
おいしくて、ありがたーい、場所ですよ~
    キッチンぐるぐる 小樽市入船1-6-16
               tel 0134-24-2300

   
[PR]

# by yamakichitomaya | 2007-08-03 14:27 | おしらせ | Trackback
2007年 08月 01日

野菜を干す

c0125899_21223947.jpg
昨日、今日、と、野菜を干す というのをしてみました
5,6時間なので、からっからになるわけじゃなくて 。水分がぬけてきてるけど まだちょっとは弾力があるよってくらい。



c0125899_21233250.jpg
←こんなふうに。 縮んでかわいらしい~

シンプルに炒めただけでも
歯ごたえがよくて
味が濃厚 に。
むむー これは いろいろやってみたいかも。

さっそく図書館で干し野菜の本を借りてきたら
野菜なんでも とか きのことか 果物とか おもしろそう

おすすめとかあったら
おしえてくださいませー
[PR]

# by yamakichitomaya | 2007-08-01 21:30 | くらし | Trackback
2007年 07月 31日

月と花火と

c0125899_724494.jpg

おとといの花火大会
澄んだ空に、まんまるい月
←花火の真ん中に月があるの、わかります??


c0125899_7244354.jpg

おおきな花火と月
 
「とーまやーー」ってさけんだり。  


c0125899_725843.jpg

みんなで一緒に見れる毎年のしあわせ。
おいしいものもたくさん。
楽しい時間をありがとうー

     

   
    月と花火と夜景と。
  まだこの家が、とまやでもないただのぼろぼろ家だった頃から毎年
  ここに住んでよかったなぁと とびきり思う夜です


c0125899_7253744.jpg

[PR]

# by yamakichitomaya | 2007-07-31 07:34 | 日々のこと | Trackback
2007年 07月 25日

「あれこれ」引っ越しました

  
  あれこれ、引越してみました。

  前のブログは、こちらです。 ←クリック!

  ちなみに。もっと前、とまやの建物をベル氏が増築していたころ、の
  日記と言うのもありました。興味がある方、こちらです


  それから、今までとまやのHPにはどこにも メールはこちら というのを
   設置していなかったのですが、はじめて設置してみました。
   (トップページまたは宿泊案内のところ)
   あくまでも、問い合わせ用ですので、予約はお電話でお願いしますね~!

   とまやのあるじ(自称 用務員)のベル氏は、基本的に
   パソコンに触ることはほとんどありません。メールとか、
   できません(携帯さえも!)。なのでメールのお返事とかは、
   私、さり(いまだにとまやでどの名前を名乗るべきか迷ってしまいます~、
   いちばんよく呼ばれるのが『さり』 なのでとりあえず)
   がベル氏に伝えたうえで書かせていただきますね~



お引越しを機に、今までよりも気軽に
    いろいろ 楽しく ここをつかっていけたらなと思っています。
    反響の多い、ベル氏のつれづれ書き(紙に書いたものを私がここに
   記しています)ももっと載せていこー!とリクエストしときましたよ。
    (前のブログの時はたった2回・・ 貴重なので、こっちにも引越しときました)

    トップページも夏バージョンにリニューアルです
    あれこれ 以外のすべてをやってくださっているナガヤマカヨさん
    本当にありがとう~!! 
[PR]

# by yamakichitomaya | 2007-07-25 10:01 | 前のブログ | Trackback
2007年 07月 25日

旅人の家 舎(ヤマキチ) とまや

 
 小樽のまちの、坂の上。大きな公園や植物園からすぐの
 古い古い、民家です。築90年以上だそうです。
 じぶんたちで改装したり、増築したりして、
 おんぼろ家は、すごく居心地のよいいとしい家になりました。
 2005年8月に、息子をこのおうちで自宅出産でむかえ
 2005年の10月に、
 旅人の家 舎(やまきち)とまや としてオープンしました。


男女別相部屋、2段ベッドのお部屋です。
  夜はお茶やお酒を飲みながら旅の情報交換など。。。
  毎晩さまざまな話がきけて楽しく過ごしています。
  いろいろなすてきな人生を垣間見せていただき
  私たちも居ながらにしていろんな旅や人生を感じさせていただいています。
 
  素泊まり3100円
  朝ごはん 500円
  一人旅の方 ライダーさん チャリダーさん
  いろいろな出会いを楽しみにしています
  

 ホームページはこちらですよ→ ←クリック!
 ブログに先に来てくださったかたは、ぜひのぞいてみてくださいね
 
      
c0125899_13531359.jpg

 
[PR]

# by yamakichitomaya | 2007-07-25 10:00 | とまや紹介いろいろ | Trackback
2007年 01月 25日

旅のはじまり

 僕がはじめてオートバイに乗ってひとり旅に出たのは21歳の盆すぎであった。
しかし、今思えば、その始まりは中学生くらいであろうと思われる。
別にその頃ひとりどこか遠くへ行ったワケではないのだが、その頃から心の中にフツフツと沸いてくるものがあったのだ。

 あんまり学校などになじめなかった僕の楽しみは、土、日の休みであった(誰でもそうか・・)
休みの日には何かしたい!と願っていても気の合う友達もいず、結局日曜日には家に居ることが多かった。そんな頃、部屋から窓の外をいらだつように眺めていた記憶がある。
ーーー正午をすぎ何もできずに遠くの青い空をみつめているーーーもうすぐ日曜日は終わりを告げ、またいやな学校がはじまるーーーなのに何だ!このザマは!---
その頃から、「ここじゃない何処かへ」という気持ちがわいてきたのであろう。

 14、5才といえば多感な時期だ。
そして、多感なワリに自分が何してるのかよくわかってない時期だ。
毛の量は増えるのに。

  「 14才ともなれば  町をうろつきたい年頃なのさ
    いつもどこか遠くの方で カーニバルがひらかれているような気がしてる 」

 20代になって友部正人の「ライオンと少年」の一節を聴いたとき、正午過ぎなにもできずにみつめていたあの青い空がよみがえった。
「このことだ。」と思った。
何もできなかった中学生の僕だが、実は心の中で旅が始まってしまっていたのであった!
オートバイに乗って北海道を目指す6,7年前のことである。(その時歴史が動いた!風)
場所を移動するのも旅であるが、実は心の中でする旅の方が長く、果てしなかったりするのだ。

c0125899_8243088.jpg

[PR]

# by yamakichitomaya | 2007-01-25 08:22 | ベル つれづれ | Trackback
2005年 03月 05日

小樽という町

小樽という町は北海道にありますが、北海道っぽくない所でもあります。
北海道のイメージといえば!?地平線、どこまで続く直線道路、牧場にサイロにホルスタイン!
などなど、そんなイメージがあるとおもいます。
しかしこの小樽という町には地平線もみえないしどこまで続く直線道路もないし、牧場も
サイロもホルスタインも見かけません。
小樽は山がせり出したすり鉢状の古い港町、坂道に路地に古い石造りの倉庫、廃線のレールに
ノラ猫に飲み屋の看板?
といったカンジでしょうか、雄大な北海道のイメージとはずいぶん違う印象があるのがこの小樽
という町でないかなと思います。
ぼくは21歳のとき、雄大な北海道にあこがれ出身地浜松からオートバイにのって旅にでました。
4日間かけて青森の大間から船で函館へ上陸!あの時の感動は今でも忘れられませんね。
そしてひと月ぐらいのつもりがいつの間にやら二ヵ月半!走りに走りましたね。
そしてその後あちこちうろうろの放浪の旅が続きました。様々な風景、様々な人たちと出会い
いつしか「北海道に住みたい!」と考えるようになりました。
そして今住んでいるのがここ小樽!
「北海道っぽくない」とかさっき言ったくせに!?なにかつじつまが合わないぞ!と言われそうで
すが・・・
放浪の旅が3年ほどたった時、なんか以前みたいな感動がなくなりはじめました。そうです。旅
が日常の生活になっていた事に気づいたのです!
地平線や牛をみてもなんとも思わなくなったオレ!?
「このまんまでいいのか?」などと思い始めたころ、やってみたのが「町の旅」でした。
見知らぬ町を、見知らぬ商店街を、あてもなくてくてく歩く。喫茶店に、パチンコ屋に、ふらりと入
る。そこに住む人たちの暮らし・・・。
そんなごく普通の風景が、すばらしいもののようにみえるようになりました。
『遠くへ行くだけが 旅じゃない・・・!」 バイクを降りてみてみえてきたことでした。

小樽という町に来たのが99年。ぼくはもう7年間、小樽をやめられないでいる。それは生活が旅
になってきたということか?・・・ でもたまには道東とか行きてーなー!とも想いつつ、この小さく
ゴチャゴチャした愛すべき港町での旅はつづいているのです。
[PR]

# by yamakichitomaya | 2005-03-05 11:02 | ベル つれづれ | Trackback