鉄路・写真展 ~手宮線さんぽ 


c0125899_10563917.jpg今年も、小樽・鉄路・写真展 がはじまったので
観に言って来ました。

北海道でいちばん古い、今では廃線の手宮線。
そこを会場に、24時間いつでも観れる写真展です。
朝、昼、夕暮れ時、夜、それぞれすてきです。
展示の仕方もいろいろで。
とまやにもよく泊まってくださるHIROさんのスペースでは
とまやのなかとか、ベルや息子、娘も発見・・・。
「今年は原点に戻って小樽の写真、と思ってる」と言ってたHIROさんの小樽写真にとまやがあって嬉しいなあと思いました。

鉄露展は今年、10年目だそうです。
はじめてみたのはまだ旅で小樽に居た頃で、
この写真展には、ほんとに、かなり感動したのでした。

みなさんの写真を見つつ歩きながら、
やっぱりいいな、小樽。と思いました

13日(日)17時まで、24時間開催中ですよ


手宮線跡地 は、結構、特別に、好きです。
きれいに整地されてしまった方も、そのときは悲しかったけど
今ではちょっとずつなじんだ感もあり。
でも、やはり、手宮側の、もとのまんまの方がとても好きです。
市が買い取ったので今は入ってはいけないことになってるらしいけど
手宮線さんぽ、すすめたいです。
どうかこのままで と願っています
[PR]
トラックバックURL : https://tomayako.exblog.jp/tb/12244201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yamakichitomaya | 2009-09-02 11:11 | おたるさんぽ | Trackback

小樽のまちが見渡せる、 古い家、旅人の家、<旅人宿・ゲストハウス・安宿>です。一人旅の人やライダーさん、自転車の方、いろいろな方が来られます。 小樽のこと、日々のこと、お知らせなどのいろいろをここで。


by yamakichitomaya
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る